マシンよーたん OCGP 2010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の着弾(OCGP 2010賞品着弾)

本日、先日発表になりました「OCGP2010」のTWOTOP賞、賞品が着弾いたしました。

関係者の方々、並びにTWOTOPさんには大変感謝いたしております。

今回頂いた賞品は、ScytheのATXミドルタワーゲーミングPCケース NOBLE NOB20Aです。

2010y06m05d_214540152.jpg

随分地味なパッケージだな~と思ったら、中からまた箱が出てきました。

こちらが本当のパッケージのようです。
2010y06m05d_214552335.jpg

それでもって案内文が入っていました
2010y06m05d_214516377.jpg

じゃあ、またこれで新しいPC作っちゃおうかな~

でも今日のところは、これ以上の開封をやめておきます。

少し整理が先のようですので・・・・・

スポンサーサイト

OCGP 2010 -Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ- 入選

2010y06m01d_201850500.jpg

昨日遅くに「OCGP 2010 -Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ-」の結果が発表されました。

めでたく「TWOTOP賞」を頂くことができました。

関係者の方々、並びにTWOTOPさんありがとうございます。

2010y06m01d_201143470.jpg

OC系へのエントリーは今回が初めてでしたが、OCの楽しさを体感できて良かったです。

まだまだ力不足ですが今後とも精進してがんばります!

OCGP 2010 -Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ- 参加します

OCGP 2010 -Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ-

記録はまだまだですが、参加することに意義を感じ、応募します。

■応募クラス:3DMark06空冷限定クラス

次項で指定するスクリーンショット
■エントリーマシンの外観写真
2010y05m05d_221111880.jpg
2010y05m05d_221133099.jpg
2010y05m05d_221214818.jpg

■エントリーマシンの内部写真
2010y05m05d_221150115.jpg
2010y05m05d_221200568.jpg

■エントリーマシンの構成パーツ
★CPU:Intel Core i7 860
★マザーボード :AsRock H55M PRO
★メモリ : G.SKILL F3-16000CL9D-4GBRH (DDR3-2000 PC3-16000 2Gx2=4GB)
  ★ビデオカード :玄人志向GF-GTX480-E1536HD(Geforce GTX 480)
 ★SSD :Kingston SNV125-S2/30G
 ★光学ドライブ:LITEON IHAS524-T27
 ★CPUクーラー :Thermaltake Frio 冷却魂
 ★ケース :Valuewave KUROKO
 ★電源 :Thermaltake Evo_Blue 750W
 ★そのほかの冷却関連パーツ
   ・ケースFAN(フロント):ENERMAX APOLLISH UCAP12-BL
   ・ケースFAN(リア):ENERMAX APOLLISH UCAP12-BL
   ・ケースFAN(トップ):Zaward ZFL14025S-3C
   ・FANコントローラー:Scythe KAZE MASTER Pro
 ★使用OS:Microsoft Windows 7 Home Premium 64bit

■CPUのオーバークロック後の動作クロック
4,033.2MHz (FSB 183.3×Turbo(22.0))

2010y05m03d_202631836.jpg

【設定】
・PCI Frequency:100
・QPI Frequency:Auto
・DRAM Voltage:1.650V
・VTT Voltage:Auto
・PCH Voltage:1.05V
・CPU PLL Voltage:1.94V
・GFX Voltage: Auto
・VCore : 1.40000V
・ROOM Temp:24.2℃

■解説文
オーバークロック関連のエントリーは今回が初めてなのですが、自分なりにがんばってみました。
本PCのコンセプトは、自分の中で「これは!」と思うものを集めて構成しています。
マザーボードは、OCではあまり使わないと思われるAsRock製ですが、このH55M PROは、コストパフォーマンスに優れながら機能充実でかつ高品質なコンデンサを搭載し、更にはメモリ対応にDDR3 2600(OC)対応と記載するなど、大変好きなメーカーなので、採用しました。
またCPUクーラーは、そのいでたちとネーミングに惚れ込んだ「Frio 冷却魂」、CPUは、これもパフォーマンスが高いCore i7 860を採用しました。
苦労した点は、電圧の設定です。どの程度盛れば良いのかが全くの手探りで、とにかく少しずつ上げて確かめました。ただあまり長時間回すと、今回採用したGeforce GTX480の温度が上がり過ぎてしまうので、そこは時間をかけて実施しました。
4GHzを僅かに超えただけの記録ですが、1万円を切る価格のマザーボードとしては、とても優秀ではないでしょうか。それに倍率が21倍の次がTurboとなるところが素敵ですよね。
プロフィール

マシンよーたん

Author:マシンよーたん
はじめまして!

FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
ブログパーツ
最新コメント
コネクリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
IYH!
ソフマップ・ドットコム オーバークロックワークス ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】 一生無料のウイルス対策
リンク
coneco PCパーツランキング
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。