マシンよーたん 今日の着弾(AMD FX-8120)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の着弾(AMD FX-8120)

今日の着弾です。

2011年11月4日に発売されましたAMDの8コアCPU FX-8150、FX-8120

限定版のFX-8150とそうでないFX-8120

当初FX-8150を掴む予定でいましたが、限定500個ということで、PCショップが開店と同時になくなる店も

ちらほら

実際に製品を見てみるとFX-8120の缶パッケージが非常にカッコいいじゃありませんか。

ということで、FX-8120を不純な動機で掴んでしまいました。

AMD FX-8120
2011y11m06d_001005065.jpg

2011y11m06d_001021446.jpg

購入店舗:Ark
購入価格:18,800円

【収録内容】
2011y11m06d_001034066.jpg

【CPU本体】
2011y11m05d_224134116.jpg

早速以下環境でいろいろ試してみました。

[PC構成]
【CPU】AMD FX-8120
【M/B】ASUS SABERTOOTH 990FX
【CPUクーラー】Scythe APSALUS 120
【CPU FAN】GELID WING12PL-BL(APSALUS 120の標準FANより交換)
【メモリ】GeIL GOC38GB2133C10ADC DDR3-2133 4GBx2=8GB
【ビデオカード】LEADTEK WFGTX580 Geforce GTX 580
【SSD】Micron Technology RealSSD C400 128GB (MTFDDAC128MAM-1J1)
【電源】INWIN COMMANDER 1200W
【ドライブ】LG BH10NS30 BL
【FANコントローラー】ZALMAN MULTI FAN CONTROLLER ZM-MFC1 Plus BK
【ケース】CoolerMaster HAF-X Nvidia Edition
【OS】Windows 7 Professional 64bit


【CPU-Z】
DSCF8213e.jpg

【AMD OverDrive】
DSCF8213e2.jpg

パフォーマンスは既にいろいろなところからレビューが出ています通り、Intel勢を脅かすほどの製品では

ありませんが、とても可能性を秘めている感じを受けました。

その代表が、オーバークロックでの伸びですね~

あまり電圧も盛りたくないので、極力抑え気味でOCへ

現状の安定は、4.2GHzあたり

ただ3DMarkVantageを行うと、OC時の方がスコアが落ちてしまいます。

【CPU-Z OC】
DSCF8213l.jpg

【エクスペリエンス インディックス OC 4.2GHz】
DSCF8213l1.jpg

【AMD OverDrive】
DSCF8213l6.jpg

でもこれは冷却の問題があると感じています。

今回は安価な簡易水冷クーラーを用いていますが、4.2GHzより上げると動作温度上昇によるとみられる

フリーズが発生します。

ただOCだけで言えば、4.8GHzを超えましたので、もっと冷却性を強めればもっと逝ける感触です。

DSCF8213n1.jpg

総合的なパフォーマンスではIntelにかなわないものので、遊べる感じに仕上がっているFX-8120は結構

面白いですね。

詳しくは本日レビューをアップしましたので、よろしければ見てください。

AMD FX-8120 BOXのレビューと評価: 熱いAMDが帰ってきた?! FX-8120 [coneco.net 商品レビュー]

あと・・・・ちょっと・・・まだお知らせがあるのですが・・・・

今夜は遅いので、明日報告します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マシンよーたん

Author:マシンよーたん
はじめまして!

FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
ブログパーツ
最新コメント
コネクリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
IYH!
ソフマップ・ドットコム オーバークロックワークス ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】 一生無料のウイルス対策
リンク
coneco PCパーツランキング
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。